相続・遺言・成年後見・不動産登記・商業登記・測量業務を丁寧にサポート。高槻市で司法書士・土地家屋調査士・行政書士をお探しならゴードン事務所のへどうぞ。

〒569-0064
大阪府高槻市庄所町2番18号

代表 司法書士・土地家屋調査士・行政書士 三谷俊介

お気軽にお問合せください

072-648-3735

営業時間

平日9:00~18:00
土日祝
も相談可能

相続放棄をしたい

相続人は、プラスの財産だけではなく、マイナスの財産も相続することになります。預貯金や不動産または株式などのプラスの財産がほとんど存在せず、多額の借金だけが残ってしまうような場合、または、多額の連帯保証人になっている場合に必ず相続しなければならないとすると残された相続人にとってはなことになります。

そこで相続人には相続放棄という手続が認められています。相続放棄をすることで、その者は最初から相続人ではなかったとみなされるのです。

しかし、適宜の方法で、相続放棄ができてしまったり、期限に関係なくいつでも相続放棄ができてしまったりすると、権利関係がいつまでも不安定な状態となってしまい、法的な安定性を保てなくなります。そのため、法律上手続の要件と期限が定められています。

1.相続放棄の効果について

相続放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされますので、相続財産を一切相続しないことになります。もちろん、プラスの財産を手放すことになります。

また、代襲相続が認められる欠格や廃除の場合と違い、たとえ相続放棄をした者に子供が存在しても、代襲相続は発生しません。

先順位の相続人が全員相続放棄をした場合、次の順位の者が相続人になります。次の順位の者も相続放棄をしたい場合、同じように家庭裁判所に対して相続放棄の申述を行うことで、初めから相続人にならなかったものとみなされます。

次の順位の者も相続放棄をするには、定められた期間内に手続を行わなければなりませんので、先順位で相続放棄をした者は、その旨を次に順位の者に教えてあげると親切です。

2.相続放棄の申述について

相続放棄をしようとする者は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内にその旨を家庭裁判所に申述しなければなりません。

ここで重要なのは「被相続人が死亡」した日から3か月以内ではないということです。

相続放棄の申述は、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に対して行います。相続人が未成年や成年後見人などの場合、原則としてその者の法定代理人が、相続放棄の手続きを代理します。

1.法定単純承認

最初から相続放棄をするつもりがないのであれば問題はないのですが、相続放棄をするつもりなのに、以下に列挙(①~③)した行為をおこなった場合は、「単純承認したもの」とみなされ、相続放棄を行うことができなくなります。これが「法定単純承認」と呼ばれものです。

相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき

熟慮期間内(3か月以内)に限定承認または相続放棄をしなかったとき

相続財産の全部または一部を隠匿したり、財産目録に記載しなかったとき

たとえば、被相続人の通帳を管理していた子供が、被相続人名義の口座から勝手に預金を引き出して、自分の車を購入したり、レストランで外食するために使用した場合は、に該当します。

被相続人が亡くなるまで入院していた際の入院費を支払うために、被相続人の口座から預金を引き出した場合は、処分ではなく「保存行為にあたる」と考えられ、原則、「単純承認した」とみなされることはありません。

また、配偶者が、被相続人のタンス預金の事実を知っていたにもかかわらず、子供たちには内緒にし、遺産分割協議の際に必要な財産目録にも記載しないで、自分のために使ってしまった場合は、に該当します。

相続人が相続放棄をしたあとであっても、こうした背信行為は「単純承認したもの」とみなされます。一度、法定単純承認に該当してしまうと、その後に相続放棄や限定承認はできません。相続人間できちんと遺産分割協議が成立するまでは、「故人の財産には手をつけないこと」「故人の財産について知っている情報は包み隠さず明らかにする」ことが肝心です。

相続放棄のご依頼はゴードン登記測量事務所へ
お電話・お問い合わせください

お電話でのお問合せはこちら
初回電話相談無料

072-648-3735

受付時間:平日9:00~18:00(土日祝も対応)

相続が発生した場合にやはり、気になるのは「誰が相続人」なのか?具体例を交えながら、解説しております。

 

相続発生後の各種名義変更の代行いたします。被相続人の5割の方に、不動産の相続登記が発生いたします。

被相続人が、多額の借金を抱えてお亡くなりになった場合などの、相続放棄手続きを代行いたします。

相続人間での、遺産の分け方のアドバイス、書面の作成を代行いたします。

正しい遺言の書き方のアドバイス、遺言作成のお手伝いをいたします。

近年問題となっている空き家には、不動産名義人に相続が発生している場合があります。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
初回電話相談無料

072-648-3735

受付時間:平日9:00~18:00
※お問合せいただければ土日祝も相談可能

お手続きについて、費用について、わからないことやご相談がございましたら、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にお問合せください。

よくあるご相談
  • 相続手続きをしたいが何からすればいいのかわからない
  • 相続税がかかるか心配だ、相続税対策を行いたい
  • 相続税対策として、不動産を贈与したい
  • 親名義の不動産を売却したい
  • 新築マンションを建設して相続税対策を行いたい
  • 遺言書を作成したい
  • 遺言執行者を信頼できる人に任せたい
  • 認知症の親の財産を何とかしたい
  • 認知症の親の銀行預金・不動産を何とかしたい
  • 親が住んでいた空き家を何とかしたい
  • 任意後見契約を行いたい
  • どの専門家に相談したら良いのかわからない

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。一緒に不安を解決しましょう!

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

072-648-3735

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。よろしくお願いします。

司法書士・土地家屋調査士・行政書士
ゴードン登記測量事務所

名刺

表面

裏面

事務所紹介

司法書士・土地家屋調査士・行政書士

ゴードン登記測量事務所

072-648-3735

大阪府高槻市庄所町2番18号

アクセス

072-648-3735

住所

〒569-064
大阪府高槻市庄所町2番18号

阪急高槻駅  徒歩15分
※近隣にコインパーキング有

お気軽にご相談ください。

営業時間

営業日
 
午前
午後
営業時間

9:00~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

土曜日・日曜日・祝日

※事前にお問い合わせいただければ対応させてもらいます

お問合せ・お申込み

お気軽にご連絡ください。

072-648-3735

ブログ更新情報

H28年6月24日

相続と建物取壊し

H28年7月27日

初めての講師

H28年10月8日

初めての成年後見人

H29年11月21日

相続人が確定できない!?